PS5は結局、縦置きと横置きのどっちが良いのか?メリット・デメリットまとめ

縦置きと横置きの比較-ps5

PS5には純正スタンドが同梱されており、縦置き横置きの両方に対応してます。

先日、米YouTuberの発言を元に縦置き=故障しやすいという噂が話題になりましたが、本当はどっちが良いのか?分かりやすく解説します。

目次

縦置き=故障しやすいは勘違い

PS5本体-縦置き

結論を言うと、縦置き=故障しやすい!というのは現状、デマなのでご注意を。

噂の内容は「縦置きすると、内部の液体金属が漏れる」というもの。海外の非公認修理業者であるTheCod3r氏が取り上げたことでネット上に拡散しました。

しかし、実際は300万台に1台ほどの確率で起こる「初期不良」が濃厚なPS5に起こった話であり、さらに修理のために1度解体したモデルで起こった話とのこと。

噂の発端を作ってしまった修理業者のTheCod3r氏も、後に縦置き=故障しやすい説を完全否定していますね。

なお、実際に縦置きで使ってる人は大量にいますが、「液漏れしました…」「縦置きで壊れました…」という現場の声は一切ありません。

問題があれば、SONY側がとっくに注意換気しているでしょう。これも一切ありません。

一切気にする必要はないです。

通気口を塞がないように置くのがベスト

では、縦置きと横置きはどっちが良いのか?というと、これは人によって変わります。

まず考えたいのが通気口ですね。

PS5-通気口-排熱

PS5はここから本体の熱を逃す「排熱」が行われます。上手くされないと故障につながるので、ある程度のスペース(最低10cm)は確保すべきですね。

横置きはどうしてもスペースが…という方も多いはず。PS5は横幅が約40cmと大きいので、

横置きのPlayStation5

その場合は縦置きにしたり、向きを変えて壁との距離を保ちましょう。

地震対策も考えよう|転倒防止

縦置きのPS5

次に考えるべきは地震対策でしょう。純正のスタンドはかなり不安定なので、地震が起きると、かなり高い確率で倒れます。

この場合、転倒防止機能のあるスタンドを買うか、横置きを検討した方が良いですね。PS5は約4kgと重いので、転倒時の衝撃はかなり強いと考えられます。故障は避けられないと思った方が良いですね。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゲーム専門情報メディア「レトロ」へようこそ。当メディアは、ゲーム機の最新ニュース・お役立ち情報をお届けします。

目次