買うならここがベスト|PS5本体を安く買う方法とおすすめの店を解説【最安値を更新】

PS5-本体-外箱

定価6万円〜7万円のPS5ですが…なるべく安く買いたい方は多いはず。

過去のPSシリーズから定価の値下げは期待できませんが、下記の方法なら実質-3,000円〜5,000円ほどで買えます。

新品だけでなく、中古で買う際のポイント正しいモデルの選び方も解説するので、参考にどうぞ。

目次

2024年06月現在、1番安いPS5は?

ps5本体

下記本文では、モデルの違いおすすめの店を細かく解説しますが、とにかく今1番安いPS5が知りたい!という方は下記の最安値表をどうぞ。

各オンラインショップの最安値を毎日更新しています(2024年06月22日更新)。

通常モデルの最安値

¥66,980 (2024/06/21 15:16時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

定価:66,980円(税込)

スクロールできます
購入ページ税・送料込ポイント還元率
Amazon¥ 66,980円1%〜2.5%(670円〜1,675円)
楽天市場¥ 66,980円1%〜17%(670円〜11,390円)
ソニーストア¥ 67,530円0%〜0.5%(0円〜330円)
Yahoo!ショッピング¥ 69,770円0%〜5%(0円〜3,229円)
ヤマダウェブコム¥ 66,980円1%(658円)
ビックカメラ.com¥ 66,980円1%(670円)
ヨドバシ.com¥ 66,980円1%(670円)
Joshin web¥ 66,980円1%(670円)
ゲオ・オンライン¥ 66,980円0%(0円)
ノジマオンライン¥ 66,645円0%(0円)
コジマネット¥ 66,980円1%(670円)
ソフマップ.com¥ 66,980円1%(670円)
更新:2024年06月

デジタル・エディションモデルの最安値

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

定価:59,980円(税込)

注意:一部の店で高騰化中

2024年06月現在、品薄により一部の店でデジタル・エディションが高騰化しております。定価より割高な時は、待つのも一つの手です。

スクロールできます
購入ページ税・送料込ポイント還元率
Amazon¥ 66,400円1%〜2.5%(660円〜1,650円)
楽天市場¥59,979円1%〜17%(605円〜10,285円)
ソニーストア¥ 59,980円0%〜0.5%(0円〜330円)
Yahoo!ショッピング¥ 64,980円0%〜5%(0円〜2,981円)
ヤマダウェブコム品切れ中1%(600円)
ビックカメラ.com¥ 59,980円1%(600円)
ヨドバシ.com¥ 59,980円1%(600円)
Joshin web¥ 59,979円1%(600円)
ゲオ・オンライン¥ 59,970円0%(0円)
ノジマオンライン¥ 59,480円0%(0円)
コジマネット品切れ中1%(600円)
ソフマップ.com¥ 59,980円1%(600円)
更新:2024年06月

モデルはどっちがおすすめ?

2つのPS5-通常-デジタルエディション
出典:Playstation

PS5には、通常版(ディスクドライブ搭載モデル)とデジタル・エディション版の2種類が用意されていますが、両者の違いはディスクが読み込めるか否かだけです。

デジタル・エディションはディスクが読み込めません。よって、下記のように選ぶことをおすすめします。

ディスクのソフトでもプレイする方は、通常モデルを

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥66,980 (2024/06/21 15:16時点 | Amazon調べ)

定価:66,980円(税込)

通常モデルはデジタル・エディションと違い、ディスクが読み込めます

これによるメリットは下記の通り。

ディスクが読み込めることによるメリット
ps5-通常版のディスクドライブ
  • 箱のソフトがプレイできる(ディスク)
  • 中古ソフトの売り買いもできる
  • DVD・ブルーレイが再生できる
  • PS4の時にプレイしていたディスクのソフトも起動できる

特にPS5の中古ソフトは高く売れます(+1,000円〜4,000円)。普段からよく中古を売り買いする方は、すぐに元が取れるので通常モデルがおすすめです。

DL版のソフトのみでプレイする方は、デジタル・エディションを

定価:59,980円(税込)

デジタル・エディション(左)は、ディスクが読み込めません。

写真を見ても、通常モデル(右)にあるディスクドライブ部分がないのが分かりますね。

PS5のデジタル・エディションの違い
左:デジタル・エディション、右:通常モデル

つまり、デジタル・エディションには下記のデメリットがあります。

デジタル・エディションのデメリット
  • ディスクのソフトはプレイ不可
  • 中古ソフトの売り買いも不可
  • DVD・ブルーレイの再生も不可
  • PS4のディスクソフトも起動不可(ダウンロード版のソフトは移行・起動できます)

とはいえ、ネットで購入するダウンロード版のソフトのみをプレイする方は全く困りません。値段も約7,000円安いので、こちらがおすすめです。

【New】デジタル・エディション版の着脱式ディスク・ドライブが別売りで販売開始へ。あとからでもディスクが読み込みが可能に(11,980円:税込)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥8,393 (2024/06/15 16:43時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

2023年11月に発売が開始された新型モデル(デジタルエディション:CFI-2000B01)からは、別売りの着脱式ディスク・ドライブ(Ultra HD Blu-rayディスクドライブ:11,980円)を購入することで通常モデルと同じようにディスクが読み込めるようになりました

PS5-着脱式ディスクドライブ
出典:playstation.com

あとからでも取り返しがつくようになったので、選びやすくなりましたね。

なお、2023年11月から販売されている新型モデルとそれ以前(2023年11月まで製造)に販売されていた旧型モデルの違いが知りたい方はこちらを参考にどうぞ。

お得に買うポイント

PS5本体

実際のところ、店による値段の違いはほとんどありません。しかし、下記で差が出ます。

① 送料無料・ポイント還元の多い店で買おう

楽天ブックス-PS5
出典:楽天ブックス

店によって支払額の5%〜18%のポイントがつく店があります。おすすめの店で解説するので、参考にどうぞ。

② 無駄に高いモデルを選ばないこと

PS5

DL版(ダウンロード)のソフトでしかプレイしない…という方は、約7,000円安いデジタル・エディションで十分です。

一方、中古ソフトをよく売り買いする方は、通常モデルの方が結果的に安くなる可能性が高いので要注意です。

③ ソフト同梱版セットは、販売開始直後だけ狙う

基本的にPS5本体とソフトがセットの同梱版はお得です。

単品購入に比べてソフトが10%〜20%OFFで付きますが…

安いのは、販売開始直後のみ(販売〜1ヶ月間程度)なので気をつけましょう。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

生産量が少なく、すぐ品薄になるため、割高に販売されることが多いです。また、同梱版のソフトはDL版です。中古でも売れないのでご注意を。

2024年06月現在の同梱版セットは下記の通りです。

同梱版は、ソフトが無料で付くこともある

同梱版は、下記のようにソフトが丸ごと無料で付くこともあります。

同梱版はお得-PS5
出典:playstation.com

狙う方は、常にPlayStation公式ブログをチェックしましょう。販売情報が更新されています。

出典:PlayStation

⑤ 訳あり・未使用品も検討しよう

ダンボール-箱-アイコン

確認のために1度開けただけの未使用品・1ヶ月〜2ヶ月使用しただけの中古品は狙い目です。楽天市場メルカリヤフオクで安く出品されています。

おすすめの店|送料無料・高ポイント還元

では、おすすめの店を解説します。

① 楽天ブックスで買う(楽天ポイントを貯めたい方)

楽天ブックス-PS5
出典:楽天ブックス
レトロ

普段から楽天を使う方におすすめです。送料無料

ポイント還元率が高く、楽天の会員状況により、最大17倍(670円〜11,390円)のポイントが付与されます(楽天スーパーポイントUPプログラム)。

楽天市場には多くのPS5が出品されますが、基本は楽天公式の「楽天ブックス」が最安値で1番おすすめです。

下記のキャンペーンが使える可能性があるので要チェック。

キャンペーン・その他の特徴

お得なクーポン・キャンペーン一覧
楽天ブックスは延長保証もあり

PS5はどこで買っても1年のメーカー保証が付きます(中古を除く)。保証書を取っておくと…故障・不具合の時にタダで修理対応してくれるわけですね(水没・落下など…自身に原因がなかった場合のみ)。

楽天ブックスは、この保証期間を下記の料金で1年→5年へ延長できます。

モデル自然故障プラン自然故障+物損プラン
通常版4,000円
購入ページ
6,400円
購入ページ
デジタル・エディション版3,000円
購入ページ
4,800円
購入ページ
楽天ブックスの延長保証

物損プランは落下・水没・火災などの突発的な事故の保証ですね。PS5はメイン基盤が壊れると、修理費が27,500円かかります。入った方が安心かもしれませんね…(購入の際は必ず規約のチェックを)。

② Amazonで買う(ソフトが現金値引き)

Amazon-PS5
出典:Amazon

Amazonも安いですね。送料無料で配送が早く、1P=1円のポイントが1%還元されます(約670円)。

キャンペーン・その他の特徴

箱から1度開けただけの商品も割安に購入可能

Amazonでは、PS5の販売ページ下(PCでは右サイド)に他の業者が販売するPS5が絞り込めます。この中には新品の箱を1度開けただけの商品が中古品として割安に販売されているので、要チェックです。

公式クレジットカード(年会費無料)で5,000円分のポイント付与

Amazon公式のクレジットカード「Amazon Prime Mastercard:年会費無料」を作って利用すると、5,000円分のポイントが付与されます。ソフトが丸々1本無料で買えますね。

ソフトが安い

Amazonはソフトが現金値引きされており、安いです。

ほとんどのソフトが定価の15%〜20%OFFで買えます(PS5のソフトランキングを見る)。

③ Yahoo!ショッピングで買う(PayPayユーザーの方)

PS5-yahooショッピング
出典:Yahoo

Yahoo!ショッピングはPayPayユーザーの方におすすめです。PayPay残高で支払うと5%(約3,200円相当)のポイントが付与され、その内の3.5%(約2,000円相当)は即PS5の購入に適用できます。

④ ノジマオンラインで買う(現金値引き)

ノジマオンライン-PS5本体
出典:ノジマオンライン

ノジマはポイントが付かない分、現金値引きされてます(-350円)。時期によってコントローラーの同時購入で合計料金が1,000円引きになり、送料は無料。

支払い方法はクレジット決済のみですが、分割払い(手数料無料)に対応しています。

キャンペーン・その他の特徴

光インターネットの契約で30,000円分のポイント付与

ノジマは、高速光回線の「nifty光」に契約すると、約30,000円分のポイントが付与され、そのままPS5の購入に使えます(公式ページ)。

⑤ ソニーストアで買う(割引クーポン・3%OFF)

ソニーストア-PS5
出典:ソニーストア

ソニーストアは公式という安心感があり、過去の経験から保証対応もしっかりしてます。

送料は330円(税込)ですが、下記の特典があるので要チェック。

新規登録で10%OFFクーポン付与(周辺機器に使用可能)
マイソニーIDクーポン
出典:ソニーストア

ソニーストアは初めて無料会員登録(My Sony IDの作成)すると、10%OFFクーポンがもらえます。PS5本体の購入には使えませんが、テレビやイヤホン・PS5を含むゲーム周辺機器・オーディオ関連に使えるので覚えておきましょう。

提携カード決済で3%OFFに(-2,000円OFF)
Sony_Bank_WALLET
出典:Sony

ソニーストアは、こちらのカードで支払うと3%OFFになります。PS5本体なら2,010円OFFですね(通常モデル:6.7万円の場合)。

カード名特徴
Sony Bank WALLET
Visaデビット付きキャッシュカード
Sony_Bank_WALLET
銀行口座から即座に引き落とされるキャッシュカード。
決済が3%OFFになるだけでなく、国内の支払いで5回以上使うと1,000円がプレゼントされる。年会費は無料。ソニーストアでために買う人向け。
ソニーカード(クラシック)ソニーカードソニーストアでよく買う人向け。年会費が1,375円(初年度は無料:税込)。ソニーストアの決済が3%OFFになるだけでなく、200円につき1ポイント(1円)が貯まる。

ただし、ノジマと同じようにクレジット決済のみ対応です。

⑥ ヨドバシ.comで買う(ゴールドポイントを貯めたい方)

ヨドバシカメラ-PS5
出典:ヨドバシカメラ

普段からヨドバシで買い物をする方におすすめですね。送料無料で配送が早いです(日本全国の9割〜が翌日配送)。

PS5本体の還元ポイントは1%(約670円)ですが、ほとんどの家電はポイント10%還元・電子書籍はポイント20%還元なので、5,000円分以上の高額ポイントを使わず貯めたままの方が多いです。

ポイントは最後の獲得日から2年以上経つと失効するので要注意。過去に購入経験のある方は確認しましょう(ヨドバシの会員ページ)。

ただし、ヨドバシで貯めたポイントはヨドバシでしか使えません。ポイントはヨドバシの店舗でも使えますが、汎用性は商品の多い楽天Amazon等に劣るので要注意です。

⑦ ビックカメラで買う(ビックポイントを貯めたい方)

ビックカメラ.com

普段から使う方におすすめです。送料は無料。PS5を買うと1%のポイントが還元されます(約670円分)。

しかし、ほとんどの家電は10%ポイント還元なので、筆者のように5,000円〜1万円以上のポイントが貯まっている事はザラです

ビックカメラのポイント
筆者が持っていたビックポイント

ポイントは最後の獲得から2年を過ぎると失効します。必ず確認しておきましょう(ビックカメラマイページ)。

キャンペーン・その他の特徴

同時購入で容量拡張用の内蔵SSDがお得に

ビックカメラは時期によって同時購入キャンペーンを実施しています。

PS5-ビックカメラ-内蔵SSDがセットでお得に
出典:ビックカメラ

これにより、PS5の容量を拡張できる内蔵SSD(2TB等)が10%OFFで購入可能に。PS5は元々1TBありますが、ゲームデータを大量に保存する方は足りないと思うので要チェック。

中古で買う(-3,000円〜15,000円)

中古のPS5
出典:楽天市場の例

中古なら-3,000円〜15,000円で買えます。その際は下記の店を見ればOK。品揃えが多く、商品の状態が分かりやすいです。

主な特徴
楽天市場品揃えNo.1、楽天ポイントが付与。箱が傷ついただけの未使用も狙い目
ゲオ・オンラインゲオの公式オンラインショップ。商品の状態がA・B・Cの3段階に分かれており、返品にも対応
メルカリフリマサービス。「買ったけど、あまりプレイしなかった。」というユーザーが多く、安く出品されている
ヤフオクオークション(せり売り)形式。品揃えが多くて安い。毎週2〜3枚のクーポンが配布される

近くにある方は、ゲオ・ブックオフの店舗もチェックしておきましょう。

中古のメリット・デメリットを知ろう

PS5-付属品

中古のメリットは下記の2点ですが、

  • 安い(-3,000円〜15,000円)
  • 手元の不要なPS4本体・ソフトを売ることができる。

一方、デメリットもあります。

新品には1年のメーカー保証があり、自然故障と判断されれば無料で修理してもらえますが、中古は保証期間の過ぎているものが多いです。

中古店が独自につける保証は長くて3ヶ月〜半年なので要注意です。PS5の修理費用は、部位によって1.5万円〜2万円以上します。

ケーブル・コントローラーなどの欠品状態もよく確認すべきですね。

中古の相場はどのくらい?

中古の相場は定価(6万円〜6.7万円)に対し、下記のような値段です。

PS5の状態値引き
未使用品-2,000円〜3,000円
美良品-5,000円〜8,000円
傷が多い・欠品など-10,000円〜15,000円

時期・お店によって大きく変わるので、参考程度にどうぞ。

オークションで買う(-4,000円〜)

ヤフオク-クーポン
出典:ヤフオク

オークションならヤフオク一択です。中古・未使用品が安いです。

TOPページでは、毎週2枚〜3枚のクーポンが配布されてるので要チェック。時期次第では4,000円〜5,000円OFFで買えます。こちらは毎週土日開催のゴールドクーポンですね。

ヤフオク-ゴールドクーポン
出典:ヤフオク

また、PayPay公式のクレジットカード「PayPayカード(年会費無料)」を初めて作ると2,000円分のポイントがもらえ、支払いに使えます。

安くなる時期はあるの?

PS5の純正コントローラー

安くなる時期はありますが、もう少し先です。過去の経歴から安くなるのは、下記の通り。

  • 2024年の年末12月ごろ:-5,000円引きセールが開催される可能性あり
  • 2025年の年末12月ごろ:6月〜7月ごろにデータ容量拡大モデルが登場(1TB〜2TB)する可能性あり。年末に通常モデルが-10,000円引きとなるセールが開催される可能性あり。

理由は下記の通りです。

プレイステーションは、ほぼ6年周期で次世代機が登場します(Proなどを除く)。そして、過去を見ると安くなるのは、次世代機が発売する1年〜2年前の年末。

例えば、PS4は2014年2月22日に32,970円(税込)で発売され、4年後…2018年の年末に5,000円引きセールが行われてます

PS4の過去のセールからPS5が安くなる時期を予想

さらに、翌年の年末(2019年12月12日〜)には通常モデル(500GB)の1万円値引きセールが行われてますね。

ps4-割引キャンペーン-19980円

PS5は2020年11月12日に発売されました。従来通りなら、この4年〜5年後…つまり2024年と25年の年末は安くなる可能性が高いです。ただし、PS5は世界的な物価高騰から1度値上げをしてます。

値下げされない可能性も十分にあるので、あまり期待しないでおきましょう。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゲーム専門情報メディア「レトロ」へようこそ。当メディアは、ゲーム機の最新ニュース・お役立ち情報をお届けします。

目次