【比較】PS5は新型(スリム版)と旧型どっちを選ぶべき?両者の違いと後悔しない選び方

新型PS5と旧型PS5

2020年11月から販売されているPS5ですが、2023年11月からは約30%スリムになった新型モデル(CFI-2000シリーズ)が 登場しています。

旧モデル
2023年11月まで製造
スリム化した新モデル
2023年11月10日より発売
外観PS5-本体旧モデルスリム化した新モデル-PS5
通常版6万478円6万6,980円
デジタル・エディション版4万9,478円5万9,980円

元々スリム版が出るとは報道されていましたが、これから買う方は、「どっちが良いの…?」となるはず。

レトロ

筆者は旧型から使っており、一切不満はないですが、人によっては新型の方が後悔しないです。というわけで、

この記事では、両者の違いを詳しく解説します。

結論

現在は新型がおすすめです。なぜなら、生産を終えている旧型の在庫が少なくなってきており、新型モデルとほぼ価格差がなくなっているからです。

新型

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥66,980 (2024/06/21 15:16時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

旧型

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥71,500 (2024/06/21 15:15時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
目次

新型モデルと旧型モデルの違い(8つ)

新型PS5
新型PS5 出典:PlayStation公式ブログ
レトロ

まず最も重要なことから。新型と旧型に基本的な性能差はありません。

PlayStation公式も、スリム化した新型について下記のように述べています。

PS5のゲーム体験を実現するテクノロジーや機能はそのままに、小型化を実現したもの

PlayStation

つまり、Proのような強化モデルではなく、あくまでコンパクト化したモデルということです。データの読み込み速度も変わりません。

では、何が違うのでしょうか?わかりやすく解説します。

① 値段…新型は6,500円〜1万円高い

新型PS5
新型PS5 出典:PlayStation公式ブログ
旧型新型
外観PS5-本体旧モデルスリム化した新モデル-PS5
通常版6万478円6万6,980円
+6502円
デジタル・エディション版4万9,478円5万9,980円
+10,502円

新型モデルは6,500円〜1万円高いです。値上げの理由は、円安等による部品の高騰化ですね。

レトロ

この値上げに見合うメリットがあるのか、よく見定める必要があります。

② 大きさ…新型は約30%小さい

新型は30%小さいです。写真を見ても一目瞭然ですね。

PS5-本体旧モデル
旧型PS5
スリム化した新モデル-PS5
新型PS5
モデル寸法旧型新型
通常版長さ(横幅)39.0cm35.8cm
高さ(厚み)10.4cm9.6cm
奥行26.0cm21.6cm
デジタル・エディション長さ(横幅)39.0cm35.8cm
高さ(厚み)9.2cm8.0cm
奥行26.0cm21.6cm
レトロ

スリム化した新型はPS4と同じくらいの大きさです。置く場所に困りそうななら新型がおすすめ。

③ 重さ…新型は-1.3kg軽い

旧型新型減少量
外観PS5-本体旧モデルスリム化した新モデル-PS5
通常版約4.5kg約3.2 kg-1.3kg
デジタル・エディション版約3.9kg約2.6 kg

新型は1.3kg軽いです。持ち帰りが少し楽ですね。

レトロ

一方、ネットで買う方や自宅で全く移動させることがないような方は、特にメリットを感じないでしょう。

④ デザイン…新型は中心に黒いラインあり

PS5

新型の本体には黒いラインがありますが、この部分は取り外せるカバーになっています(面裏の計4枚)。なぜ取り外しできるのか?というと…

別売りのカバーが販売されており、別の色に変えられるからですね。

新型用

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥4,413 (2024/05/18 21:32時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥4,020 (2024/05/18 21:35時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

ちなみに、旧型は黒いラインがなく、面裏の2枚カバーでした。

旧型用

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥6,400 (2024/05/18 21:30時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

⑤ 最大消費電力…新型は10W減少

コンセント
モデル旧型新型
通常モデル(ディスクドライブ付き)350W340W
デジタル・エディションモデル340W330W

コンパクトになった分、最大消費電力が各モデルともに10W(ワット)下がっています。ただし、あくまで負荷の大きい瞬間的な動作をした時の電力の話です。

レトロ

PS5の平均的な消費電力はもともと50W〜60W(1時間あたり約1.5円)ほどなので、最大値が10W下がっても、ほぼ影響はないと言えますね。

⑥ 新型は、ディスク・ドライブの着脱が可能に

新型PS5-着脱式ハードディスク
新型PS5 出典:PlayStation公式ブログ

新型は通常版、デジタル・エディション版ともにディスクを読み込む「ディスク・ドライブ」の部分が取り外しできます(正式名称:Ultra HD Blu-rayディスクドライブ)。

これにより、デジタル・エディション版も後から別売りのUltra HD Blu-rayディスクドライブ(11,980円 税込)を買うことで、ディスクが読み込めるようになりました。

レトロ

万が一、ディスク・ドライブ部分が故障した時もドライブ部分だけ買って直せますね。

⑦ 新型は、本体のデータ保存容量が175GB増加

PS5-sony-ロゴ

新型は、ゲームデータを保存するSSDストレージの容量が825GB→1,000GBに増加しており、より多くのデータが保存できるようになりました。

一般的なゲームソフト1本のデータ容量は、20GB〜50GBなので、ゲームソフトが3本〜4本多く保存できますね。

例:エルデンリングに必要なSSD容量:60GB

レトロ

とはいえ、旧型も別売りの外付けHDDで容量が増やせます。保存データも簡単に削除・整理できるので、人によっては825GBで十分と言えるでしょう。

シーゲイト(SEAGATE)
¥15,180 (2024/06/20 10:18時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

⑧ 新型は、基本「横置き」のみ、縦置きスタンドは別売りに

ps5本体

旧型のPS5は付属のスタンドで縦置き・横置きにできましたが、

新型は、横置き専用スタンドのみ同梱されるようになりました…。

新型PS5
新型PS5 出典:PlayStation公式ブログ

縦置きしたいなら、別売りの縦置きスタンド(3,980円:税込)を買う必要があります。

新型PS5-スタンド
出典:PlayStation公式ブログ
PS5
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥2,898 (2024/06/15 15:41時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

これは…ちょっと残念ですね。

まとめ

1番のメリットはSSDの容量増加だと思いますが、ほとんどの方は825GBで十分なはず。PS4なんて500GBでしたからね。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゲーム専門情報メディア「レトロ」へようこそ。当メディアは、ゲーム機の最新ニュース・お役立ち情報をお届けします。

目次